ブログネタ
写真 に参加中!
先日Canon EOS 5D(以下5D)をぶら下げて手柄山周辺をブラブラしてきたわけですが、ひとつ困ったことに気が付きました。

それは、液晶画面が小さくてその場で写真を確認するのが難しいことです。「今の写真ピント合ってたかな?色合いは?」と気になって液晶画面を見ても5Dの小さな液晶では見づらい!Wi-fi機能もないからスマホやタブレットで確認もできない!その場でSNSに投稿したいが出来ない!何とかならないかと色々調べてみたら、便利な世の中になったものでこんなものがあったので購入してみました。

TOSHIBA FlashAir™ SDHC CLASS10 16GB

このFlashAirというものはSDHC CLASS10のSDカードでありながらWi-fi機能を備える優れもの。スマホやタブレットのブラウザや専用アプリ「FlashAir」を使うことによって、カメラにSDカードを挿したままの状態で内部の写真データを観覧及びダウンロード出来ちゃうらしい!

しかし、5Dは記憶媒体としてCF(コンパクトフラッシュ)を採用していてSDカードを直接使用することはできません、そこで購入したのが・・・。

DELOCK 61796 CF変換アダプター

その名の通りSDXCやSDHCをCFに変換してくれるアダプターです。気をつけないといけないのがこちらの製品はコンパクトフラッシュTypeⅡなので、カメラの機種によっては挿し込むことが出来ないらしいです。おいらの5Dは普通に挿し込めたので良くわかりませんが、TypeⅠよりTypeⅡのほうが厚みがあるのが原因みたいです。

DSC_0195

こういう製品は他社からも幾つか出ていたのですが、実は5Dは動作確認機種に含まれておりません。CF変換アダプターを間に挟むから当然かもしれませんが、導入する場合は自己責任となります。

そして更に注意点。

それは、FlashAirをカメラに挿入して電源を入れた後、5分以内に設定を完了しなければならないということ。説明書をちゃんと読んで迅速に設定しましょう。説明書を読まないタイプの方は危険。5分超えたあとに設定しようとしても「アドミニストレーター権限が有りません」とか出ますんで。まぁ、難しい内容ではないので必要以上にビビる必要はありません。(びびってた)


で、結局どうだったの?

結論から言うと、問題なく使えました!5DとスマホをWi-fi接続した状態で「FlashAir」アプリを起動した状態で写真を撮ってみると、シャッターを切ってから3秒後くらいにスマホの画面で確認出来ます。こりゃ便利!出先ですぐ写真を確認したり活用したい場面でも活躍しますね!タブレットだともっと見やすいかもしれません。携帯性が許せば活用しない手はないですね!


まとめ

旧世代のカメラを使っていて、「画質も操作性も問題無いけど、最近の機種のWi-fi機能が羨ましい!」って思っている人にオススメの商品です。フットワークが軽くなってまだまだ戦える状態にしてくれます!Wi-fi機能搭載SDカードもCF変換アダプターもそんなに値段が張るものじゃないし、チャレンジしてみれば世界変わるかもしれませんよ!

ただ、上記の注意点だけは気をつけてくださいね~w

というわけで、次の撮影が楽しみになっちゃいました。次の休みも晴れると良いな~。


↓応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ ブログランキング・にほんブログ村へ